top of page
  • megumim1219

恩師との再会



同級生二人と一緒に、母校へ行ってきました。

小学校卒業以来、実に二十数年ぶり……!


校舎は当時とすっかり変わってしまったけれど、懐かしい先生方にもお会いできて、

しかも、同級生が「先生」として勤務しているというミラクルにも遭遇!

(あの頃の明るさはそのまま、とってもとっても素敵な先生になっていた〜〜!!)


時空がほんのひととき縮んだみたいな、愉快で不思議な時間でした。


昔の校舎で使われていた木の柱が、新しい校舎にも残されていて、

「この柱のまわりを、楽しそうにぐるぐる回っていたわよねぇ〜」と、先生に言われ、

そんなこともあったなぁと思い出したり。

(とにかくひたすら回るのが楽しかった、あの頃……)


こんなことあったよね。こんなことしたよね。


二十数年ぶりなのに、

たくさんの生徒を見てきたはずなのに、

ちゃんと一人一人のことを丁寧に覚えていてくれる先生に、もう胸がいっぱい。

あの頃とちっとも変わらない温かさに包まれ、気分はすっかり12歳。


日々、いろんなことがあるけれど、

恩師って呼べる先生に出会えたこと、

こうして笑い合いながら一緒に年をとれる仲間に出会えたこと、

それがもう、十分すぎるくらい幸せなことだよね、と。

あの頃のようにみんなで並んで歩きながら、帰り道は胸がぽかぽかしました。


明日も共にがんばろう、また集まって笑おう〜!

当時のように手を振り合って、みんなそれぞれの場所へ戻っていく。


初心を思い出せた、大事な時間でした。


それにしても驚いたのは、当時教室で飼っていた亀が、ご健在だったこと!

しかも、当時の5倍以上大きくなっている……!!


私たちが卒業した後も、

彼はずっとずっとここで、歴代の小学生たちを静かに見守っていたんだよなぁ……。


寡黙なその甲羅には、どことなく哀愁が漂っていました。





Comentarios


bottom of page