top of page
  • megumim1219

『僕の心臓は右にある』




お笑い芸人、チャンス大城さんの『僕の心臓は右にある』を読みました。


お腹を抱えて大笑いできて、

最後にドバーッと涙が出て嗚咽……。

本を閉じて、「よーし! めいいっぱい生きるぞーッ」と、天井に向かって右手を上げていました。


チャンス大城さんが最後に辿り着いた「結論」というか「考え方」がすごく素敵で、

私も同じように思って生きたいなあ。

あとがきの、プロレスラー新井健一郎さんの叫びが、心にバチーンッ!と、しっかり届きました。


だから、だから私は芸人さんが好きなのだ!!

これからも、お笑いファンとして全力で応援する!!!


長年の愛読書である『ホームレス中学生』と並んで、ずっとずっと大事にしたい本になりました。

本当に好きになった本は「保存用」と、「人に貸して返ってこなくても大丈夫用」の二冊用意するのですが、この本はできるだけたくさんの人に読んで欲しいから、数冊買おうと思います。


Comments


bottom of page